カジュアルな服が好き

レイ・ビームスというブランドが最近、気になっています。

ビームスのレディースラインで、一見カジュアルに見えるのですが、着てみると女性らしくて素敵です。

30才を過ぎてしまうと、いったい何を着たらよいのやら、という状態になり、すっかり洋服難民になってしまったのですが、このさい割りきってカジュアルな服装をしてみようと思ったわけです。
しかし、かといってあまり安い服を着るわけにもいきません。年齢が年齢なのでみっともないというのは自分でも分かっています。

そこで、ビームスのお店で偶然見かけたデニムのワンピースに目を奪われました。私は背が低いからあまり中途半端な丈のスカートは御免こうむりたい。けれど、このワンピースはなかなか優秀で、足もとがなんだかキレイに見える、野暮ったくない、と良いことずくめだったのです。これはいい、と思いました。

もう若くはないんだし、と思っていました。けれど、いまだからこそ、カジュアルなかわいい格好をしても許される、とも考えるようになりました。
年齢はもはや度外視しております。
これからも自分が好きな服を着ていたい、と思います。

Comments are closed.